受かる志望動機とは?

  1. >
  2. >
  3. 受かる志望動機とは?
面談中

面接などでの大きなポイント、志望動機

求人に応募して履歴書や面接などで大きなポイントになるのが志望動機です。
なぜその職場が良いと思ったのかという事を伝えるものですが、ここにもポイントがあります。
しっかりとポイントを押さえた志望動機を伝える事で職場の方にも好印象を持ってもらえるようになるので、ぜひ取り入れて活用する事をお勧めします。
活用できればあなたの職場探しもよりスムーズにする事ができます。

志望動機のポイントをご紹介

志望動機のポイントとしては、まずは必ずその企業ならではの事に興味を持った事を伝えるようにするという事です。
その企業の理念に共感できた、独自の商品を作っていて、その商品が自分自身とても好きだ、など、その企業にしかない特徴を志望したきっかけとして挙げるのはとても効果的です。
逆のパターンを例に出すと分かりやすいですが、収入が良かった、福利厚生や条件面が私の希望に合っていたというだけだと、他でも良いのでは、他にもっと良い所があるのではと思われやすくなってしまいます。
それよりも、その企業ならではの事に興味を持ち、その企業で働きたいという熱意を伝える事がとても大切です。

また、前向きな動機にする事も大切です。
志望動機としてブランク明けで仕事を探していたからという理由を挙げる方もいますが、これはあまり仕事に対して前向きな印象を感じられません。
また、前の職場で人間関係が良くなく、御社は人間関係が良さそうだと思ったなどの、前の職場も不満を伝えるのも好印象にはなりません。
逆に発言した時点で不採用が確定してしまうような内容なので、十分に気をつけましょう。
御社で仕事がしたいという事を伝える事が大切です。

発言の仕方も大切

志望動機を面接で伝える際には発言の仕方も大切になります。
フレーズは前向きな内容でも、笑顔が少なかったり、どこか表面的な印象の発言になってしまうと不採用になりやすくなります。
これを防ぐためには、きちんとその企業を研究して本心から興味を持つ事が大切になります。

誰でも興味がある事に関しては熱を入れて話したくなるはずです。
これと同じで、その企業に興味を持って、働きたいと本心から思えるようになれば、自然と効果的なアピールができるようになるはずです。

志望動機は時に企業でも重視されるポイントなので時間をかけて対策をする必要があります。
特に企業のどのような所に興味が持てるかという点については企業の研究だけでなく、あなた自身についてもよく振り返っておく必要があります。
どんな事に興味があるかを把握しておくと、企業研究や求人を見た時にもぴんと来る求人を見つける事ができるので、ぜひじっくりと考えてみるのもお勧めです。

SLhou7uK