タイミングを掴むことが大事

  1. >
  2. >
  3. タイミングを掴むことが大事
赤ちゃん

復帰にはタイミングもある

職場復帰を果たそうと考えている方はタイミングも十分に検討する必要があります。
タイミングがズレてしまうと職場復帰もあまり上手くいかなくなってしまうので、ぜひ気をつけるようにする事をお勧めします。
多くの方のタイミングとしては産後3ヶ月、6ヶ月、1年後での復帰が多くなっています。
それぞれのタイミングで気をつけるべきポイントについてご紹介していきます。
あなたの状況に合わせたタイミングを選んで復帰すると良いでしょう。

復帰のタイミングについてご紹介

産後3ヶ月の復帰の際に注意するべきポイントとして、赤ちゃんはまだとても小さいという事が挙げられます。
3ヶ月経ったとは言え、まだ一人でいるのは不安も多い時期なので、必ず代わりに面倒を見てくれる方が必要になります。
旦那さんや実家のご両親、保育所などの施設に預けるなどを検討しましょう。
きちんと体制を整えれば3ヶ月での復帰も可能になります。

ですが、あまり長時間働く事は控えてなるべく早めに帰宅する事をお勧めします。
この時期は赤ちゃんも母親の愛情を感じたい時期です。
大切な時期に一緒に入る時間が少ないと寂しさを感じてしまい、今後の成長にも影響が出やすくなってしまうので、仕事をしながらもなるべく一緒に入る時間も大切にしましょう。

次に6ヶ月後での復帰です。
半年経つと赤ちゃんもある程度は落ち着いてきます。
そのため、職場復帰も果たしやすい時期と言えます。
ただし、まだ油断はできない時期ではあります。
ようやく赤ちゃんも生活に慣れてくるような時期なので、そこで復帰を果たす事で一緒に入る時間が少なくなると、突然の変化に赤ちゃんも驚いてしまう事もあります。

なので、この段階でもなるべく少しずつ慣らしていくようにしましょう。
実家のご両親の方に面倒を見てもらう際には、復帰するしばらく前からなるべく慣れさせておくと良いでしょう。
家族の協力があれば職場復帰を果たす事ができるので、準備をしながら復帰のタイミングを迎えましょう。

最後に産後1年後での復帰についてです。
1年経つと赤ちゃんも1歳児になり、元気さはまだまだ十分ですが、少し余裕が出てくる時期でもあります。
職場復帰には良いタイミングなので、このタイミングで復帰するのも良いでしょう。

ただし余裕が出てきたと言っても、今後も赤ちゃんを取り巻く環境は幼稚園や保育園が始まったり、小学校への入学など、どんどん変わっていきます。
こうした将来的な事も視野に入れながら仕事に復帰する事がとても大切です。

タイミングは十分に検討を

このように、育児がある方の職場復帰のタイミングは十分に検討する必要があるので、じっくりと準備をしてから進める事をお勧めします。
育児も仕事もあり大変ではありますが、頑張っていきましょう。

SLhou7uK