履歴書の書き方

  1. >
  2. >
  3. 履歴書の書き方
履歴書

大きなポイントになる履歴書

求人に応募する際に大きなポイントになるのが履歴書です。
どの職場の採用でも必ず必要になり、あなたの概要が分かる書類として企業の方にもしっかりとチェックされるので、作成する時には入念に気をつけて作成する事をお勧めします。

効果的な履歴書を書く事ができれば採用に至る可能性もぐっと高まり、希望の企業の仕事などをする事ができるようになります。
ここでは履歴書の作成のポイントについてお伝えしていきます。
ぜひ取り入れてあなたの求人探しや面接に役立ててみて欲しいと思います。

履歴書作成の基本のポイント

履歴書を作成する際のポイントの基本をまずはご紹介していきます。
まずは、字は丁寧に書くという事です。
最低限の基本としてできている方も多いと思いますが、今一度見直す事をお勧めします。
丁寧に書いてあるとそれだけで誠意が伝わりやすくなります。
字に自信がなくても、丁寧に書く事はできて、それは必ず面接官の方にも伝わるはずです。

次に余白はなるべくなくすようにするという事です。
履歴書は様々なスペースがありますが、特に自己PRと志望動機の欄に関しては余白があるだけでも不採用になる可能性が高くなってしまいます。
これらの欄は大きめのスペースになっている履歴書も多いですが、この広めのスペースに余白があると、やる気や熱意が伝わりにくくなってしまいます。
余白がなく、しっかりと書き込まれている志望動機などを見るとやはりやる気も伝わりやすくなります。
多くの職場で言える事なので、なるべく余白なく書ける事を書くという事を意識すると良いでしょう。

また、資格や趣味などは仕事に関係があるものだけを書くようにしましょう。
あまり関係のない資格を取っていてもプラスの印象にはなりません。
逆に、資格を持っているのにどうして活用しないのだろうと思われやすくなってしまう事もあるので、仕事に役立つものだけを書いておくと良いでしょう。
趣味も親近感が湧くようなものをひとつか二つ書いておけば良いでしょう。

志望動機と自己PRは入念に

履歴書の中でも大きなポイントになるのが志望動機と自己PRの欄です。
志望動機ではかならず、その職場にどうして興味を持ったのかを、仕事の内容や理念の面から書く事をお勧めします。
条件が良かった、自分に合っていたというだけでは職場の方は採用してくれません。
その企業で働きたいと思ったというはっきりとした理由を持っておく事が大切です。

自己PRに関しては、その職場に生かせそうな事をPRとして書くようにしましょう。
例としては、街中の事務所で勤務するのに英語を身につけている事をアピールしても、少しアピールがずれてしまいます。

SLhou7uK