ブランクを強みに変える方法

  1. >
  2. >
  3. ブランクを強みに変える方法
PCスキル

ブランクも強みになる

ブランク明けの方で気になる事が多いのが、ブランク期間が長いので、経験の面でマイナス印象にならないか不安というものです。
これはそのまま伝えてしまうとマイナスになってしまうのですが、実は強みに変える方法というのもあります。
この方法を取り入れる事であなたのブランクも自信を持って伝えられるようになり、企業での面接も上手くいきやすくなるので、ぜひ取り入れてみる事をお勧めします。

仕方がない状況だった事を伝えると共に、準備をしていた事を伝える

復帰を果たそうと考えている方は家事や育児で忙しく、落ち着いてきたので職場復帰を果たそうと考えている方が多いです。
こうした結婚後や出産後の家事や育児はとても大変なので、一定の理解をしてもらえる事は多いです。

これに加えてもうひとこと加えておくと良いでしょう。
家事などで忙しく、フルタイムなどの仕事をする事はできなかったけれど、その中でも今後復帰する事を視野に入れてプラスになりそうな事を勉強していたという形で伝えれば、ブランク期間もムダにしていないという事を伝える事ができます。
もちろんこれは実際に頑張る必要があるので、何か決めて取り組む事をお勧めします。

復帰後に検討している職種が事務などの仕事ならパソコンスキルは忘れないように時々PCを触っていたという伝え方をすると良いでしょう。
また、営業などの仕事の場合には関連書籍を読んだりコミュニケーション能力を落とさないために英会話に通っていたなど、前向きな形で伝えると効果的です。
ブランクの時間を無為に過ごしていないという事を伝える事が大切になります。

自分を見直す期間として考える

ブランクの期間を見直しの時期としていたと伝えるのもひとつの方法です。
前職があまり自分に合わない面もあり、自分の今後について考えていた、その過程でやりたい事が見つかり、御社を志望させて頂きましたという形で伝えるようにすれば、ブランクをあまりマイナスとせずに企業に伝える事ができます。

こちらもしっかりと自分について考えておく事が大切です。
単なるフレーズとして面接官の方に伝えてしまうと表面的なフレーズだという事はすぐに感じ取られてしまいます。
今後に役立つスキルを身につけたり勉強したり、自分について振り返るなど、あなたに合った事をブランク期間中に行なうようにする事をお勧めします。

このようにしてブランク期間も強みに変えていく事ができ、面接で困ってしまう事も少なくなるはずです。
多くの方がブランクを弱みと思っていますが、このように強みとしてみる事もできるのです。
ブランクは面接の大きなネックになっている方も多いので、ぜひ取り入れてよりスムーズに面接をクリアしてくださいね。

SLhou7uK