主婦のインターンシップ制度

  1. >
  2. >
  3. 主婦のインターンシップ制度
勉強

主婦向けインターンシップとは

学生就職活動ではすっかりおなじみの制度になっている「インターンシップ」ですが、この主婦版も多くの企業で行われるようになってきています。

インターンシップとは、実際に採用に至るための就職活動する前に実際にその企業で業務を体験してみることでその企業内での様子や業務内容をつかむことができるというものです。

学生向けのインターンシップの場合、主に初めて社会人となるにあたりアルバイトなどとどういった違いがあるかといったことを知る目的で行われます。

それが主婦向けとして行われるときには、産休・育休のために実際の仕事の現場を長く離れてしまった人が再び仕事に戻るときにどんな雰囲気でどういった仕事をしていくかということをつかむ目的で行われます。

例えて言うならば、免許をとってからしばらく車の運転をしなかったペーパードライバーが実際の公道を運転する前に講習を受けなおすようなものなので、まずは気軽に参加をしてみるのがよいでしょう。

どういったところで募集をされているか

主婦向けのインターンシップが多く開かれるようになってきた背景には、中小企業における深刻な人材不足の問題があります。

現在不景気や就職難ということばかりが社会問題としてクローズアップされていますが、実際には地方の中小企業などでは条件をよくしてもなかなか希望の人材が来てくれないという人手不足の悩みに直面していたりします。

学生や若い人は安定志向が強まっていることもあり都内での大企業ばかりを希望しており、仮に中小企業に入社してもある程度スキルがついたところでやはり大企業へ転職をしていってしまうというような状況ができてしまっています。

そこでより長く勤めてくれる優秀な人を確保するため、再就職を目指す主婦の人を優先的に採用するしくみを整えるに至ったというわけです。

SLhou7uK