子育てと仕事の両立は無理?

  1. >
  2. >
  3. 子育てと仕事の両立は無理?
子育て

子育てと仕事の両立

仕事と育児の両立、しっかりできていると自負している人もいれば、両立は難しいと感じている方もいて、多くの人は両立が難しいと考えているのだそうです。

確かに、専業主婦と同じだけの家事や育児を、フルタイムで働きながらこなすというのは至難の業。
両立のためには、何かを選んで何かを捨てる、ということは避けられないと思います。
たとえば、専業主婦の頃は毎日部屋の掃除をし、フローリングも週に3回はワックス掛け、トイレ掃除はもちろん毎日!玄関の拭き掃除も欠かしません。というタイプだったとしても、フルタイムで働きながら同様の家事をこなすのは不可能ですよね。
もしできたとしても、そのうち過労で倒れてしまうのではないでしょうか?

毎日できたての手作りの夕食をつくるということも、できなことはないかもしれませんが、たまには惣菜が混じってしまうこともあるでしょう。
しかし、これを罪悪感だと思ってしまう人は、仕事と育児の両立はできないと思います。

仕事と育児を両立している人は、時間を上手に使って、できることとできないことを明確に分けています。
あるワーキングマザーは、朝は4:00に起きて掃除や洗濯を済ませ、家族の朝食をつくるついでに夕食の下ごしらえも済ませてしまうのだそうです。

夫の家事手伝い

洗濯を干すのとゴミ出し、風呂掃除は夫の仕事にし、夫にも朝から家事をしてもらいます。
夜は遅くまで起きていることはなく、子どもとほぼ同じ時間に就寝。
効率よく夕食の後片付けをするために、食洗機を導入しました。

しかし、育児と仕事の両立をすることになかなかバランスを見出すことができず、そのうち体調を崩すのではないかと心配している人もいます。
必要なことをこなすだけで自分の時間がとれないので、運動したりストレスを解消する時間がない。
このままだと健康維持は難しいと考えている様子。

今はワーキングマザーを支えるシステムはもちろん、家電製品なども非常に充実していますので、せっかく働いて稼いでいるのですから、こうしたものをフル活用してみてはいかがでしょう。
前述した食洗機をはじめ、洗濯自動乾燥機や大きくて使いやすい冷蔵庫など、家事をスムーズにこなせる家電製品は、思う以上に時短に効果的です。

また、サポートしてくれる人には積極的に協力してもらうこと。
祖父母をはじめ、夫はサポートというよりも家事や育児に参加するのは当然です。
しっかり夫にも家事や育児に参加してもらうためには、細かく分担をしておくこと。
洗濯や掃除、子どもの送迎など、家事や育児のすべてをリストアップし、それぞれの分担をしっかりしておくことで、より両立しやすくなります。

SLhou7uK