子育て1人にかかる費用

  1. >
  2. >
  3. 子育て1人にかかる費用
お札

子育てにかかる費用の概算など

子育てにかかる費用について案内していますが、小学生から中学生に絞って案内していますので、高校生、専門学生、大学生などは対象となっていません。

まず、子育てにかかる費用で知っておきたいことに、年々子育てにかかる費用が上がっているという実態があります。
なので、これから先も子育てにかかる費用が下がるという考え方はできない・・・と思っておいたほうが良いでしょう。
また、今回案内する子育てにかかる費用というのは、子どもの将来を見据えて貯金を行った場合で概算を行っていますので、実際は今回紹介するものより少ない費用で済むこともあります。

そして、子育てにかかる費用の中で注目したいものは食費です。
子どもはワンパクなので、良くご飯を食べるというイメージがあるかも知れません。
しかし、実際は小学生の時は年間で約10万円以下。
中学生になると年間で約13万円以下の食費がかかるというデータが存在しますので、年齢によって大きな違いがあるのか?というと、それほど大きな差があるわけではないのです。
ですが、食費も積み重なっていくと大きな支出になるので、このような費用についても理解されておいたほうが賢明かと存じます。

また、卒業(卒園)するまでにかかる費用についても案内させていただきますが、こちらも驚きの数字となっています。
まず、幼稚園卒業までにかかる費用は2年間で250万円ほど、そして、小学校卒業までにかかる費用は700万円ほどとなります。
小学校は6年間通う必要があるので、このような差になる・・・ということも分かるのですが、中学校卒業までにかかる費用が470万円ほどというのは驚きでしょう。

ただ、通われている学校(幼稚園)によって差が生じますので、どのような生活をされていても、約1700万円近く中学校卒業までにかかるというわけではありません。

子育てにかかる費用を減らすには?

子育てにかかる費用ですが、食費を減らすだけでもかなり違ってきます。
貯金に関しても、子どもが高校生になってから真面目に考えるという対応で問題無いでしょう。

というのも、今回は子育てにかかる費用を案内させていただきましたが、中々、計画通りに貯金を行ったりというのは難しいからです。
人によっては、親の転職などで収入にバラつきが出ることもありますので、なるべく親のほうが多めに貯金を行っている状況のほうが好ましいでしょう。
もし、節約のための計算が面倒・・・という場合は、ライフプランナーに相談すると良いです。
ライフプランナーの仕事の中に、無駄な出費を抑えて節約をするためのアドバイスというものもあり、大変参考になるアドバイスをいただけることもあります。

SLhou7uK