手に職をつける資格探し

  1. >
  2. >
  3. 手に職をつける資格探し
勉強

すぐに仕事復帰をすることは見送ることになりました。

今の時間を使って仕事復帰をするときがきたら、すぐに動けるようにするためにも、準備をすることに決めました。
やっぱりスムーズに仕事を見つけるためには手に職をつけた方がいい!
ということに自分の中で結論が出たので、手に職がつけられる資格を探すことにしました。

とはいっても、学校に通ったりすることは無理だし、国家試験を受けるほどの勉強をする時間もないし、通信講座を受けたり、書店で売っている本を使って自分で勉強できる資格を取得したいなと思うようになりました。

そこでまず考えたのが仕事復帰で事務職に戻ったことを想定して簿記。
簿記検定取得すれば事務の求人に強いかなと。
簿記の資格って国家試験とまではいかないけど、公的と言われているだけあって意外と難しいですよね。
履歴書に書けるほどの簿記検定に合格するためには自力では難しそう。
通信講座で添削もしてもらえて勉強できる教材があるようなので、もし簿記をがんばるなら通信講座を利用しようかなと思いました。

それから医療事務もいいなと思いました。
近くに医療機関はたくさんあって、先日も仕事復帰するつもりで色々求人を見ていたときに、医療事務の募集が多いことに気がついていたのです。
医療事務も家で通信講座を受けて学習できるみたいだし、この資格を持っていればどんな医療機関でも事務として雇ってもらえるのでいいかなと。
しかも募集内容が午前の診療のみでも大丈夫のようだったので9時から13時までの勤務のところもありましたから、これなら私でも勤まるかな。

介護事務の仕事

他にも・・・介護事務もありました。
介護施設も実は住んでいる地域に多くあるのですが、介護事務は医療事務とまた違った内容なんですね。
介護サービスが今介護保険を使っている人が増えていることもあって、充実しています。介護事務の需要も高いみたいです。
これも通信講座で学習をして勉強することができそうですから検討中です。
医療事務と介護事務の両方がもてれば怖いものなしですよね。

それから二人の子供を育ててきた経験から保育士もいいかなと思っています。
今は待機児童解消の動きから保育士の需要が高まってきているそう。
特に保育士を優遇させる動きが国を主導に進んでいるみたいです。
例えば私の地元の神奈川では保育士不足を解消するために「地域限定保育士」と呼ばれる試験制度の導入をいち早く取り入れた地域です。
神奈川県でこの制度を導入した結果、待機児童数の大幅な減少に成功しています。

もともと子供が好きだし、育ててきた経験もあるし今は保育士の需要も高まっているので保育士なら頑張れそうかなと思ったりしています。
色々ありますが、手に職をつけて仕事復帰を目指したいです。

【参考サイト】
医療事務の通信講座

介護事務管理士技能認定試験

神奈川県の保育士・幼稚園教諭の求人【保育士求人ナビ】

SLhou7uK