今からでも遅くない!看護資格を取得する

  1. >
  2. >
  3. 今からでも遅くない!看護資格を取得する
聴診器

看護師の資格を取得しよう

復帰して人気があるのが看護師の資格です。
看護師は病気の患者さんの治療をサポートする仕事です。
勤務地は多くの場合病院やクリニックなどになり、来院する患者さんや入院している患者さんの対応をしていきます。
人の役に立てるという実感を得られる仕事としてやりがいはとても大きく、女性が多く活躍しているので女性ならではの仕事として憧れにしている方も多いです。

看護師になるためには資格が必要です。
国家資格に位置づけられており、看護師になるために必要な事を学んだ後に試験を受けて合格する必要があります。
看護師になるためにはたくさんの勉強や課題、実習などをこなす必要があるので勉強期間中は忙しくなりますが、それでもその後のやりがいはとても大きなものがあります。
看護師の仕事を目指してみるのもお勧めです。

看護師資格のための勉強は

看護師になるためには勉強が必要ですが、専門学校や大学の看護学部などで学ぶ事ができます。
仕事をお休みしていて復帰を考えている場合、専門学校で学ぶ場合には2年間、大学なら4年間の期間が必要になります。

両方ともにメリットとデメリットがあります。
まずは専門学校の場合ですが、こちらは2年間で卒業する事ができるので、短期間で看護師に必要な技術や知識を身に付ける事ができます。
比較的早い段階で仕事をしていく事ができるのですぐに働きたいという方にはとても良いですが、働きだしてからの収入が伸び悩むというデメリットがあります。

大学で勉強する場合は4年間の期間が必要になりますが、その分看護師として必要な事を幅広く学ぶ事ができ、卒業してからの収入の伸びも大きくなりやすくなります。
そのため、今後看護師として長く働いていこうと考えている方は余裕があれば大学の看護学部に入学するのがお勧めの道ではあります。

ただし、復帰して看護師としての仕事を始める場合、新卒の看護師とは少し状況が異なる面もあるので、一概に大卒の看護師の方が収入が伸びやすいと言い切れない面もあります。
検討している専門学校のスタッフの方に話を聞いてみたり、大学の説明会などを活用して相談するのも良いでしょう。
いずれにしても2年間ないしは4年間という比較的長い期間を勉強に使う事になるので、じっくりと検討して決めるようにする事をお勧めします。

国家試験のレベルは

看護師の国家試験のレベルは難問と言われるような極端に難しい問題は出題されない傾向にあります。
きちんと勉強していれば合格圏内に入る事ができる可能性は高いです。
合格率は例年8割から9割ほどの高い合格率となっているため、まずは目の前の勉強をこなしていく事が大切になります。
試験の直前にはやはり対策も必要になるので、しっかりと必要な事を身につけて試験に臨みましょう。

SLhou7uK