主婦の社会復帰と資格の落とし穴に注意

  1. >
  2. >
  3. 主婦の社会復帰と資格の落とし穴に注意
子供

主婦の社会復帰

何か資格を取得してから社会復帰をしようと思っていたママ友達がある落とし穴に気がついた話を先日聞いたので紹介しますね。社会復帰に向けて資格を取得しようと思っていた友達ですが意外と企業が求めているのは資格ではなく即戦力だったようです。子供にて手がからなくなったのでハローワークや人材派遣会社の求人を見て働きたいと思ってやる気はあったのに、ブランクがあるから就職することができないという現実を目の当たりにしたのだとか。その友達は結婚前には総合職としてバリバリ秘書のような業務もこなしてキャリアウーマンとして働いていたようなのですが、5年以上子育てによるブランクがあったみたいで、実際企業から言わせて見ると5年以上あくともう難しくなるらしいです。会社の人からここ数年、デスクワークや総合職といえどもIT化しているけれどついていけるのかと聞かれて、パソコンはネットサーフィンくらいしかできないママともは、それでは即戦力にならないと思われたようでした。

それから資格を取得して何とか仕事を探そうとしていたらしいのですが、数万円支払って講習にも足しげく通って資格を取得したのに、面接で「資格を取得したのはすごいですね、でもうちは経験がない人は無理です」といわれたようで、資格を取得したはいいけれど経験がなかったために採用は見送りになったという話しがありました。

企業の考え

確かに企業の人の考えも理解できます。資格をいくら持っていたとしても経験がなければ新人同然だし、資格手当てを払う価値がないと判断されるのもわかります。それなら経験がある人を探して即戦力で働ける人を探したほうがいいと思うのも理解できます。だから主婦で資格を取得して新たな分野で仕事を探すのって大変なんだなって痛感しました。会社は即戦力にさえなってくれれば、特に資格を求めていないということがこのことを通してよくわかりました。若いときに総合職をしてキャリアウーマンをしていたからといってもブランクがあればこれは意味がなくなるし、だからブランクを資格取得で挽回しようとおもっていても、こういう考え方の人はプライドが高いので使いにくいと判断されることもあるみたいなので、資格取得したことがブランクを長くさせただけでお金の無駄になることもあるみたいです。

未経験でも活躍できる資格なのか、それを考えて資格の種類も選ばないといけないのだということが、今回の話を聞いてこれでよくわかりました。

SLhou7uK