ヨガインストラクターの資格について

  1. >
  2. >
  3. ヨガインストラクターの資格について

未経験では難しいヨガインストラクターの仕事

ヨガをしている中でもっと本格的に勉強したい、指導できる立場になりたいと考える人は多くいます。
しかし、あまり経験がない状態ですぐにインストラクターとして働くのは危険です。

ヨガは体を動かすものであり、正しく体が動かせていないと効果を感じることができません。
それどころか誤った方法で体を使っていると体調を崩したり足腰の調子が悪くなったりすることもあります。

雑誌やインターネットで「ヨガ未経験でもインストラクターになることができます」と謳っている求人広告を見かけることもありますが、実際に未経験の状態からすぐにインストラクターとして働くわけではないです。
こういったものは最初にインストラクターになるための養成コースに通ってきちんと学んだうえでインストラクターとして働くことができます。
小さいころからでなく大人になってからでもヨガは始めることは可能ですが、ある程度知識やスキルがないとインストラクターとして働くことは難しいです。

ヨガインストラクターの資格でもっとも有名な全米ヨガアライアンス

ヨガインストラクターの資格を取得するには様々な方法があります。
公的な資格はないので民間資格の中で自分に合ったものを選んで資格取得することが望ましいです。

ヨガインストラクターの資格の中でどれを取得すればよいかわからない場合、最も知名度のある資格に全米ヨガアライアンスというものがあります。
これはアメリカのヨガ協会が運営・認定するヨガインストラクターの資格です。
資格取得のためには協会が認定しているヨガスクールや指導者から一定時間の指導が必要となります。

アメリカに本場のスクールがありますが日本にも認定スクールがあるのでアメリカに行かなくても資格は取得可能です。
この資格があれば日本はもちろんのこと世界50か国でヨガインストラクターとして指導ができます。
資格の知名度も高いので就職活動でも有利です。

他にもヨガの本場であるインドに行って勉強するという人もいます。
最近ではヨガインストラクターの仕事にあこがれている人の増えており、ほかの人と差別化を図るためにも外国で勉強するという人も多いです。

国内でもヨガインストラクターの資格はある

日本国内でも日本の認定団体が行っている資格がいろいろとあります。
外国に行くことが難しい人であれば日本国内で運営している資格講座で資格を取得することがおすすめです。

資格の中には取得することでインストラクターとして働くことができるのはもちろんのこと自分でヨガ教室を開講できるものもあります。
資格によって取得方法や講義内容も違うので自分の興味関心のあるものを選ぶと勉強も身に付きやすいです。

SLhou7uK