セラピストの資格について

  1. >
  2. >
  3. セラピストの資格について
介護

セラピストはどのような場所で働く仕事か

セラピストという言葉は聞いたことがあってもその仕事内容をきちんと理解していない人も多くいます。
活躍の場も様々でアロママッサージを行ったりマッサージのようなボディケアを行ったり、気功でエネルギーを行ったりとその種類は様々です。

どのセラピストにも共通しているのがセラピーを通して心身のバランスを整えること、体調不良を改善すること、精神的な部分に働きかけて癒していくことを目的としています。
それぞれの分野の技術やスキルを活用して癒しやマイナートラブルの改善を行っていくのです。

国家資格をもって活躍するセラピストとそうでないセラピスト

セラピストの中でも国家資格が必要な仕事があります。
あん摩マッサージ指圧師やはり師、鍼灸師、柔道整復師などの仕事をするには国家資格が必要です。
このような仕事は一定の行為が入るために国家資格が必要であり、国家資格を持っているということは社会的な信頼度も高くなりますし、仙遊資格であるために就職でも有利です。

ただし、国家資格を取得するためには養成課程のある専門学校や大学での勉強をする必要があります。
学校の数も少なく通信制の学校がないために通学することが必要です。
同時に複数の資格を取得できることも多いですが、学校に通うとなると費用も掛かりますし仕事をしながらの通学は難しくなってきます。

そこで民間の資格を取得してセラピストとしてセラピストとして活躍する人も多いです。
民間の資格というのは教会や団体、企業といったところが独自の基準を設けて認定する資格のことで、資格を取得することでその企業で働くことができたり自分自身のスキルアップとなったり、趣味の範囲を広げたりすることができます。

民間の資格でセラピストとして活躍できる資格はリラクゼーション関連のもの、アロマセラピスト関連のもの、リフレクソロジー関連のもの、介護セラピストなど種類も豊富です。
資格を取得していなくても働くことのできる現場も多くありますが、やはり専門知識が必要なジャンルも多くあります。
そのため自分の興味関心のある分野、仕事として行っていきたい分野ものを選んで勉強をしていくのが一般的です。

資格を取得することで仕事の幅が広がることもあります。
資格取得のために勉強することで知識も広がりますし、きちんと根拠を持ってセラピーが行えますし、セラピーを受ける人たちにとっても安心感が持てるようになるため資格を取得するメリットはとても多いです。
仕事のキャリアアップや行える仕事の範囲も広がりますし、資格によっては自分で開業することができるようになるものもあるので、セラピストとして活躍するためには民間資格も持っておく方が良いものが多くあります。

SLhou7uK