心理カウンセラーの資格について

  1. >
  2. >
  3. 心理カウンセラーの資格について

心理カウンセラーの定義と必要な資格

心理カウンセラーというのは悩みがある人、心が辛い状況にある人たちの話を聞く人たちのことです。
実は特別な資格がなくても心理カウンセラーになることはできます。

とはいえ、自分が相談する際には心理学や心理カウンセラーとしてのスキルを持っていない人に相談するのは不安なものです。
そこで、最近ではいろいろな資格が誕生しています。

心理カウンセリングに関する資格は大学や大学院に行かなければ取得ができないものから試験を受けて合格すれば取得できるもの、申請するだけで取得できるものとその取得方法も様々です。
資格によって使えるものは違ってくるので働きたい場所とそこで必要な資格を確認したうえで資格を取得する必要があります。

臨床心理士の資格

心理カウンセラーの資格で最上位と言われるのが臨床心理士です。
これは、文部科学省認定の財団法人である日本臨床心理士資格認定協会による資格で民間資格ですがこの資格がないとスクールカウンセラーとして働くことができないとされています。
難易度も高いので、スクールカウンセラーだけでなく医療機関や行政機関などでのカウンセリングでも臨床心理士が活躍していることが多いです。

資格の難易度だけでなく受験資格も得るまでも時間がかかります。
大学を卒業後2年以上大学院での勉強をして実習などを経験して初めて受験資格が得られるので試験に一度で合格できないとかなりの年数が必要です。
最近では国家資格化の動きが進んでおり大学卒業後に取得ができるようになる可能性も出てきています。

心理相談員の資格

心理相談員というのは中央労働災害防止協会が認定している資格です。
職場環境を整えることやメンタルヘルスのケア、ストレス緩和への援助など、産業医の指示に従ってカウンセリングをしていきます。

資格を取得するには中央労働災害防止協会が行って居rう専門研修を受けることが必要です。
しかし、研修に参加するためには条件があり、参加資格がない場合には事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修や管理監督者・職場リーダーのためのラインケアセミナーを修了したのちに健康に関する面接や相談を3年以上経験していることが必要となります。

心理カウンセラーといわれる人たちはいろいろな人たちの相談をしていますが、心理カウンセラー系の仕事をしている人の中でも最も多くの人が取得している資格が心理相談員です。
これは資格が取得しやすいことも理由としてあります。
そのため心理相談員の資格を持っているからと言って就職に有利になるとは言いにくく、やはり様々な場面で活躍できる心理カウンセラーになりたいという場合には臨床心理士の資格を持っている方が有利です。

SLhou7uK