調剤事務の資格について

  1. >
  2. >
  3. 調剤事務の資格について
PCで内職

調剤薬局では薬剤師以外も働いている

調剤薬局というのは医師からの処方箋に基づいた薬を用意して患者さんに渡すため、薬剤師しかできない仕事だとともっている人も多いです。
しかし、調剤薬局では薬剤師以外の人たちも働いています。

そのような人たちの中にいるのが調剤薬局事務です。
調剤薬局事務の人たちは調剤薬局で事務職として働いています。
やはり薬を取り扱う仕事なので一般的な事務職とは求められるスキルも少し違うのです。

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務は受付業務として訪れた患者さんへの声掛けをすることはもちろんですが、それ以外にも処方箋を預かり処方箋情報をパソコンに打ち込んで会計準備をすることを主な仕事としています。
受付業務ではお薬手帳の有無を確認したり、ジェネリック医薬品の希望を確認したりとただ処方箋を受け取るだけでなくいろいろな確認業務があり意外と大変です。
その合間を縫って処方箋情報の入力も必要となるので医薬品についての知識や仕事の正確性が求められます。

それ以外にも仕事の合間には医薬品が納品されると検品や入庫の作業も必要です。
調剤薬局によっては毎日納品されるところもあり、検品や入庫と伝票との照合をすると意外と作業に時間がかかります。
納品される医薬品の発注業務も調剤薬局事務の仕事であることが多く、自分で在庫の確認をしたり薬剤師から頼まれたものを購入したりといった作業が必要です。

月末にはレセプト業務もあります。
医療事務と同じくレセプト業務があるのですが、最近ではパソコン管理が進んでいるので処方箋情報を正しく入力すれば自動的にレセプトも作成されるので特別に手間のかかる作業ではないです。
ただし少しでもミスがあると売り上げにマイナスが出てきたり書類の返礼をされたりすることもあるのできちんと知識を持って作業する必要があります。

調剤薬局事務の資格を取る際には自分にあっているものを

調剤薬局事務の仕事をするにあたっては資格がなくても仕事をすることは可能です。
しかし、仕事内容は決して簡単なものではないですし知識も必要なのでやはり資格を持っている人の方が有利とされています。
安定的に仕事があるために特に女性に人気の仕事ですが、調剤薬局事務として働くならばやはり資格は持っておくべきです。

資格を取得するにあたっては通学、通信講座、独学という方法があります。
運営している団体によってこの資格取得方法は違ってきますが、どこで資格を取得しても学ぶことのできるスキルはほぼ同じです。

そこで、資格を取得する際には種類を気にするよりは費用や受講方法など自分にあっている条件のものを選ぶことが大切になってきます。
いくつかの調剤薬局事務の講座のパンフレットを取り寄せて比較検討すると自分にあっているものがどれか分かりやすいです。

SLhou7uK