介護士の資格について

  1. >
  2. >
  3. 介護士の資格について

介護士というのはどのような仕事をする人のことか

介護の現場では長く人手不足が続いています。
どうしても待遇の悪さ、仕事の大変さが目立ち介護の仕事に就くことを希望しない人が多いこと、高齢化によって介護を必要とする人が増えていることと双方の原因が問題です。

また、介護の仕事についての理解ができていない人が多いことも介護業界での人材不足の要因となっています。
その中の一つが介護士という言葉です。
介護士といわれる人たちがどのような仕事をする人なのか、介護に従事する職業がいろいろとあるためにきちんとの理解されていないことが多くあります。

一般的に介護士と言われる人たちは正式には介護福祉士という人達です。
介護福祉士の人たちは介護を直接行うだけでなく、日常生活が困難な高齢者や障害者に対して必要な相談やアドバイスといったことも行っています。

ホームヘルパーと介護福祉士は違う

介護福祉士とホームヘルパーはどちらも介護が必要な人に対してサポートをしていく仕事です。
そのため同じものだと思っている人も多いですが、細かく分類すると違いがあります。
業務として相談やアドバイスといったことも行う点だけでなく最も大きな点として資格の違いがあるのです。

ホームヘルパーは訪問介護を行うことが専門であり、厚生労働省が定めた事業所で養成研修を受けて認定資格を取得することが必要とされていますが、この資格も絶対必要なものではありません。
無資格、未経験からでも仕事をすることができ、資格を持っていることで担当できる業務とそうでない業務とがあります。

それに対して介護福祉士は資格がなければ介護福祉士としての仕事ができないです。
そして介護福祉士の資格は国家資格であり資格を取得するためには養成施設や専門学校の卒業をしたり介護福祉士の国家試験への合格をしたりする必要になります。

将来的には介護福祉士のみが介護に従事する可能性が高い

介護の仕事は現在、介護福祉士とホームヘルパーがメインで行っている状況ですが、今後は介護福祉士に一本化するという見方が強いです。
これは介護の仕事をするにあたってきちんと知識を持っている人たちに行ってほしいという考えがあります。

介護をするにあたってはやはり知識が必要です。
正しい介護方法を知らないと介助をしている中で自分も介護者もケガをする危険もあります。
そういった動きから今後介護士といわれる人たちは介護福祉士のみになる可能性が高いのです。

介護福祉士になるためには国家試験の取得が必要ですが、介護関連の専門学校や大学を出ていなくても実務経験を積めば受験資格が得られます。
受験資格が得られた後も講習や研修を受けることによって実技試験を免除させることも可能です。
介護現場で介護士として働きたい場合には長期的なことを考えると介護福祉士の資格を持っている方が良いと考えられます。

SLhou7uK