簿記検定の資格について

  1. >
  2. >
  3. 簿記検定の資格について

事務経理の仕事をする際に持っておきたい簿記検定

事務経理の仕事をするにあたって知っておきたい基礎知識が学べるということ、就職活動で有利になるということで簿記検定に挑戦する人が多いです。
しかし、簿記検定というのは資格の種類がいくつかありますから取得する前にどの資格が良いか考える必要があります。
せっかくならば資格がすぐに役立つよう、いろいろな資格や級のなかでもきちんと仕事に役立つものを取得したいものです。

一般的に簿記と言えば多くの人がイメージするのが日商簿記検定です。
これは日本商工会議所が主催しているもので最も知名度があり受験者も最も多い試験となっています。
4級から1級まであり一般的な経理や会計の業務をこなすには2級まで持っていると有利です。

次に通称全商簿記と呼ばれている全商簿記実務検定という検定もあります。
こちらは公益財団法人全国商業高校協会が主催しているものであり、受験生の大半は商業高校の生徒です。
学校で習う簿記内容がメインとなっており、難易度は低めで初心者向きの内容となっています。

最後に公益社団法人全国経理教育協会が行っているのが全経簿記です。
難易度としては日商簿記と全商簿記の間に当たります。
合格率も高いので日商簿記の予行練習として受験する人も多くいますし、この試験の上級に合格して税理士試験の受験資格を得るという人もいる試験です。

簿記の資格があると有利になる職種

簿記の資格があることで就職活動や転職活動にもプラスになる仕事があります。
その中でも最も役立つのが経理関係の仕事です。

経理関係の仕事は多くの会社で経理部門が受け持っています。
帳簿を作成したり経費の計算をしたり、書面への記載といった業務は日商簿記検定で求められる知識です。
そのため企業としては研修をすることなくすぐに仕事にあたることのできる即戦力のある人はとても助かります。

次に日商簿記の2級以上の資格を持っていると働くことのできる職場として人気があるのが会計事務所や税理士事務所です。
これらの職場は帳簿管理をはじめ簿記の試験で学んだことを活用することのできる仕事であり資格の勉強がそのまま仕事に生かせます。

最近では簿記の資格を活用して経営コンサルティングの仕事に就く人も多いです。
経営コンサルティングは企業の経営を行う上でのマネジメント方法についてアドバイスをしていきます。

経営コンサルティングの仕事でも簿記で学んだ知識を活用することができることがたくさんあるため、コンサルティング会社でも簿記の資格があると採用が有利です。
簿記の資格を取得した人が就職するだけでなく、コンサルティング会社で働きながらスキルアップのために簿記の資格を取得するということもあります。

SLhou7uK