介護事務の資格について

  1. >
  2. >
  3. 介護事務の資格について
PCスキル

介護事務はどういう仕事なのか

介護事務というのは介護サービスを行っている施設や事業所などで勤務をしている事務職の人たちのことです。
一般的な施設と同様に窓口業務を行うのはもちろんのこと、それ以外にも医療事務のような介護報酬請求業務といわれるレセプトの作成、介護の手続きも行っています。

介護事務の仕事は一般的な事務としての知識はもちろんのこと、医療事務と同様にレセプトの知識も必要ですし、介護書類の作成など介護についての知識も必要です。
介護関連の仕事は介護ソフトを利用してパソコンでの作業も出てくるためにパソコンスキルも求められます。
そのため介護事務として必要な知識やスキルはとても多岐にわたるものです。

介護事務になるには資格が必要か

介護事務の仕事をするにあたり資格が必ず必要なわけではありません。
そのため無資格・未経験でも働くことはできます。
実際、求人案内を見ると介護施設や事業所での事務職の求人で資格不問となっている職場はとても多いです。

しかし、仕事の内容としてはかなり難しく覚えることもたくさんあるために仕事を始める前にある程度知識を持っている方が即戦力として働けることはもちろんのこと、自分自身も基礎を知ったうえで仕事ができるため覚えやすいですし、覚える内容も身につけやすくなります。
そのため働く前に基礎内容のもので構わないので介護事務の資格を取得しておく方が仕事が進めやすいですし、何よりも就職活動の際に有利ですしより良い条件の職場で働くことが可能です。

最近では介護事務の仕事をしている中でもっとできるようになりたい、キャリアアップしたいということを考えて働きながら資格を取得するという人も増えています。
資格を取得することで待遇が変わったり、資格手当をもらえたり資格取得に係る費用が支給されたりする職場も多いです。

介護事務に関する資格

介護事務に関する資格は様々な団体からいろいろな種類の資格試験が行われています。
基本的に求められる知識やスキルは同じでありどれを学んでも勉強内容に大きな違いはないです。

しかし、資格を取得する方法として専門のスクールに通う方法と通信教育を受ける方法、独学で勉強する方法とがあります。
自分のスケジュールや合っているものを選んだうえで取得するほうが効率的ですし知識も身に付きやすいです。

介護事務管理士技能認定試験は日本医療事務センターか自宅で受験ができる試験で年に6回行われています。
合格率も55パーセントほどで難易度が高いため合格すると就職に有利になるといわれている試験です。

財団法人日本医療教育財団が認定するケアクラーク技能認定試験も年に6回行われています。
こちらも知名度が高い試験ですが合格率が70パーセントほどで介護事務管理士技能認定試験よりも少し合格しやすいです。
これら2つの試験が知名度の高い介護事務関連の試験ですが、他にも試験はありますから自分の受けやすいものを選んでも問題ありません。

SLhou7uK