歯科助手の資格について

  1. >
  2. >
  3. 歯科助手の資格について

歯科衛生士と歯科助手は違う仕事

歯医者さんで歯科医師以外の人は皆歯科衛生士と思っている人も多いです。
しかし、歯医者さんには歯科衛生士と歯科助手という二つの仕事の人たちがいます。

歯科衛生士と歯科助手の大きな違いは資格です。
歯科助手になるにあたってはとくに資格が必要ないですが、歯科衛生士は国家資格を持っていないと働くことができません。
そのため仕事の内容にも違いがあります。

歯科衛生士は国家資格を持っているため患者さんの口の中に直接触れて診察補助や歯磨き指導といったことをすることが可能です。
しかし、歯科助手は歯科医師や歯科衛生士のサポートをすることが仕事であり、病院によっては受付業務も仕事として行っています。

歯科助手も資格があるほうが有利

歯科助手になるための資格はないです。
そのため病院によっては無資格・未経験という状態でも働き始めることができます。

しかし、歯科助手の仕事も医師や歯科衛生士のサポートがあっても医療関連の専門用語もたくさん出てきますし器具の受け渡しや消毒など専門の知識も必要です。
そのためやはり経験がある人の方が有利ですし、資格を持っている方が有利になります。
特に資格は知識を持っている証明となるため、ただ経験があるというだけよりも説得力区があり採用がされやすいです。

歯科助手の資格

歯科助手は歯科衛生士のような国家資格はありませんが民間団体が運営している認定資格がいくつかあります。
そういった資格を取得するための方法として独学で試験に挑戦したり通信講座を受講したり、講習を受けたりして取得することが可能です。
仕事を始めてから覚える内容も多くありますから資格を取得してある程度知識を持ったうえで働き始めるほうが自分自身も安心できますし、仕事内容も覚えやすくなります。

歯科助手の資格として知られているのが日本歯科医師会の承認を得た全国の歯科医師会や専門学校が行っている講習を受けて取得する歯科助手の資格です。
甲種、乙種第一、乙種第二という3種類があります。

他にも子育て中や仕事中で通学しての資格取得が難しい人は通信講座での資格取得がおすすめです。
歯科医療事務管理士は歯科医療事務管理士技能試験という技能認定振興協会が主催している試験に合格したら取得することができます。
この資格を取得するにあたってはいくつかの通信教育会社が通信講座を運営していますから通信講座を利用すると勉強も進めやすいです。

通信講座もいくつかの会社が運営していますが、運営会社によってシステムや料金も違います。
就職サポートや質問対応、予想問題の添削などといったこともしっかりと行ってくれるところもあるので費用とサービス内容とを確認して自分に合ったものを選ぶことが大切です。

SLhou7uK