少しでも時間を短縮

  1. >
  2. >
  3. 少しでも時間を短縮
時計

仕事と家事

仕事と家事や育児を両立するには、「時短」がメインのテーマになります。
育児や仕事を時短するというのは難しいので、時間を節約するとしたら「家事」。
今から家事の時短についていろいろと模索中です。

家事のコツなどをインターネットで調べていると、やはり料理のつくりおきをしているという人がダントツで多いようですね。
おかずを作りおきしておいて、夕食のメインのおかずは炒めたりすればすぐ食べられるようにしておく、という人がほとんどですが、中には一週間分の食事をすべてつくってしまい、冷凍や冷蔵保存をして、チンしたらすぐに食べられるようにしている、という人もいます。
これはすごいですね。

ブログをちょっと覗いてみると、一般の主婦は炒めもの用の食材などは、切って炒められるようにして保存しておきますが、そちらの主婦は炒めてしまって保存します。
揚げ物も、揚げる前の状態ではなく挙げてしまう、スープも一週間すべてつくってしまうなど、その徹底ぶりは目を見張るほど。

盛り付ける食材も平日はほとんどワンプレートで、夏休みなどで子供に留守番をさせなければならないときは、使い捨ての弁当容器を大量購入しておき、そこに弁当をつめておいていきます。
子供は食べ終わったらゴミを捨てるだけで片付けが終わり、お母さんも帰宅してから洗い物をする必要がありません。
とても合理的ですし、食費の節約にもなりますね。

気になる点

これはすごい!と思いましたが、気になる点が数点。
私は、今は専業主婦ということもあって子供の食育や主人の食事などには割と気を使っているほうです。
例えば、果物や生野菜に含まれるビタミンCは、切っただけで流れだしてしまいますし、食材を冷蔵庫に長期保存しておくことで、酵素も減少していってしまいます。
そういった食事をして、果たして体にちゃんと栄養は届くのだろうか?という点です。

あとは、すべて調理してしまい、チンをするだけとなると、少なからず料理の味が落ちます。
もちろん保存しておいても味が変わりにくいメニューを選べばよいのでしょうが、そうなるとメニューも限定されてきてしまうので、バリエーションが少なくなってきてしまいます。
こういった食事で、主人や子供たちに満足してもらうことができるのか?という疑問もあります。

いろいろなサイトを参考にして、私は野菜を使った常備菜は数種用意することにし、メインになるおかずは素材だけまとめて購入して冷蔵や冷凍保存をし、食べる前に調理しておくのが一番ベターかなと考えています。
掃除などの時短についても、いろいろと模索していきたいです。

SLhou7uK