家事の効率アップで時間短縮

  1. >
  2. >
  3. 家事の効率アップで時間短縮
家事

家事が苦手な人こそ家事の方法を見直すべき

子供ができたことで勤めていた仕事をやめ家庭に入ったという女性であっても、その全ての人が家事をうまくこなすことができるというわけではありません。

事務仕事や力仕事といったような業務にその人の適正があるように、家事作業にも個人の適正というものは大きく左右されてきます。

世間的には一日家にいる女性なら家事はできて当然と言わんばなりの雰囲気ができあがってしまっていますが、もともと家事が苦手だと感じている女性にとってはそんな空気も大きなプレッシャーになってしまいます。

そうした家事に悩む女性に一言アドバイスをするならば、「苦手なことは無理に得意になる必要はない」ということです。

なにも得意にならなくても、必要とされる作業をこなすことは十分にできます。

家事が苦手な人ほど、より効率よく上手にこなすことができる方法を学んでいくということが大切なのです。

家事を短時間でこなすコツとは

家事を短時間にこなすためのコツとして挙げられるのは「機械に頼る」「余計な作業が出ないようにする」「一度にできる仕事をたくさん作る」といったことです。

最初の「機械に頼る」というのは、例えば洗濯機を大容量の全自動乾燥付きのものにしたり、掃除機のかわりにルンバを使ったりするというような便利な機械の導入です。

苦手な人がイヤイヤ古い機械でするよりも、さっさと最新の機器にまかせてしまった方がずっと家を使用する人のためになります。

次の「余計な作業が出ないようにする」というのは、例えば毎日着用するワイシャツを形状記憶にしてアイロンがけをしないようにしたり、まな板を使って料理をするときにラップをしくなどして洗い物が出ないようにするといった工夫です。

また嫌な家事も他の楽しいことをしながらなら苦痛を感じずに行っていくことができます。

音楽を聞きながら行ったり、テレビを見ながら掃除できるように配置をしたりすることで嫌だと思いながらする家事が減り楽しく行うことができるようになります。

SLhou7uK